KIDS PHOTO STUDIO KOBO

さいたまの写真館、フォトスタジオコボの求人募集

あなたが撮った写真が、誰かの一生モノの宝物になる。

写真を通して幸せをカタチに残すこと。~For Smile、For Happy~
これが私たちの使命だと考えています。

そして、大切にしていることがあります。

それは私たちスタッフが幸せであること。
私たちが幸せでなければ、人を幸せにしたり、それを写すことは出来ないと考えているからです。

現在の募集は
・カメラマン(正社員)経験者のみ
・撮影アシスタント(アルバイトから)
やりがいがあってとっても楽しいお仕事です。

アシスタントは人と話すのが好きな方、元気な方。
撮影経験は無くても、ヘアアレンジや着付けなど、おしゃれに興味がある方、得意な方優遇。

アルバイトの給与
アシスタント:時給900円〜1000円(未経験者は研修期間850円〜)

正社員カメラマンの給与
未経験 月給18万〜
経験者 月給24万〜
※こども写真館でのお仕事経験がある方は優遇します。
3ヶ月〜6ヶ月の試用期間あり(試用期間はマイナス2万)。

スキルアップに伴い年1度の昇給
※自分の技術を「見える化」できるスキルアップマップマニュアルに沿って昇給します。
※社会保険は試用期間が終わり、正社員登用の時に入るかたちになります。
試用期間は3ヶ月〜6ヶ月を目安にしていますが、能力により異なります。
正社員までの流れ→試用期間→契約社員→正社員登用

勤務地
フォトスタジオコボ戸田店・または東浦和店
(どちらの店舗になるかはまだ未定です)
勤務時間:8時~21時の間で8時間
残業がある場合もあります。

休日・賞与
休日について 年間休日105日
賞与について 売り上げに応じて年末に支給(入社1年目以降)

引越し手当を支給します!
県外からスタジオコボでお仕事をする為にお引越しをする場合、引越し手当てを支給します。ご相談ください。

詳しくは代表の小堀まで
TEL 090-4204-9703

ハギハギのケース
現在、東浦和店の店長を務めるハギハギのケース。
某カメラ店に数年勤務したのち、当社へ入社。
ある程度カメラの知識があったこともあり、本人の希望により入社2年目に新店舗を担当することに。
目標がある人にとってはやりがいがあり、チャンスのある会社です。

長ーいお正月休みがあります

今年のお正月休みは11日間。
スタッフそれぞれ、帰省したり、旅行へ行ったりして長い休暇を楽しんでいます。

hawaii
↑お正月休みに訪れたハワイ、一週間滞在しました。
長いお休みでしっかりリフレッシュして、またお仕事を頑張れます^^

スタッフみんな仲良し!

休日にみんなで遊びにいったり、仕事終わりでご飯を食べに行くこともよくあります。
今、スタッフみんなでルミネtheよしもとのお笑いライブを見に行こうと計画中です。笑
仲は良いですが、ただ仲が良いだけではなく切磋琢磨できる仲間です。

各店舗のメンバーで仕事帰りにご飯に行ったり。
スタッフとご飯会

いきなりピザパーティーがはじまったり 笑
ピザパーティ

忘年会も盛り上がります!
忘年会

入社1年の若手も活躍していますし、スタッフ全員が意見を交わし、何でも言い合える雰囲気があります。

スタジオコボに入社するにあたり、あなたに望むこと

心身ともに健康であること。
自己管理をしっかりと行い、元気で気持ちのよい対応を”当然”としてください。

接客されたお客様が、あなたを好きになってもらえるように。
愛してもらえるから仕事が楽しいのです。

◯◯さんに次もお願いしたい!
そんなふうに言ってもらえたら、嬉しいですよね。

本気でサポートします。
楽しみながらも本気でお仕事に取り組みたい方のみご応募下さい。
今現在どのくらいの実力があるかではなく、どれくらい成長していけるかが大切です。

中途半端な仕事は絶対にしたくありませんし、スタッフにも絶対にさせません。
ですので社員は自分の名前を出して、堂々とお仕事できる方、(サイトやブログでスタッフ名、写真は必ず掲載します) 是非私たちと一緒に楽しくお仕事しましょう!
お待ちしております。

株式会社PANORAMAVISIONは埼玉県公認の経営革新計画承認書を頂きました。

経営革新計画コバトン

経営革新計画PANORAMAVISION

下記の記事は小堀が書いた記事です。
必ずお読みの上、考え方に賛同してくれた方のみ求人にご応募ください。

1万時間の法則。カメラマンになれる人・なれない人
稼ぎたいなら替えのきかない存在になれ!
写真館で働きたいと考えている、撮影の技術を身につけたいと考えている人へ
男女平等は良いこと悪いこと?
「撮った」と「撮れた」の違い

その他、代表の小堀が手がける事業・イベントなど
http://studiokoboblog.com/page-334