僕が戸田市で写真館をはじめた理由

  • 日々のできごと

フォトスタジオコボ戸田店
どうもパパカメラマンの小堀ことKOBOです。
スタジオコボもオープンして5年。
スタジオに来てくださった皆さん、本当にありがとうございます。
皆さんのお陰で5年間スタジオを続けられました。
次の5年も頑張って、まずは10年を目指したいです!
今はコボの撮影はスタッフに任せて、僕はロケやイベント、1st Birthday Studio、フリーマガジンやWEBなどを担当していますが、今日はあんまり書いた事がなかった、なぜこの場所でスタジオをはじめたのか、スタジオを作る前はどんな事をやっていたのか。
そんな話を書いてみたいと思います。
めちゃ長くなる予感しかしないのですが 笑
読んでみてもらえたら嬉しいです。

スタジオコボを始める前は?

スタジオを作ったのは5年前ですが、その前から写真のお仕事をしていました。
きっかけは僕が勤めていた会社が倒産してしまったこと。
そこで改めてどうやって生きていこうかと考え直したときに、写真で食おうと決めました。
元々バンドマンだった僕は学歴もお金もなく 笑
はじめはプロカメラマンの師匠に教えてもらいながら、写真の学校に通って、その後フリーカメラマンになりました。
昔からの友人バンドがデビューしたり、大型のフェスに出るようになって、撮影のお仕事をもらったり。
バンド撮影
キッズの撮影の他にも明治神宮で結婚式の撮影をしていました。
結婚式の撮影は3年ほど続けました。
フリーカマラマンになって最初の年は、月に10万円稼げるのがやっとで、アルバイトを掛け持ちしたりして。
すでに娘もいたので「普通の3倍努力する!普通の3倍時間をかける!」と心に決めて無我夢中に仕事をしました。
なぜ3倍なのか。
そう聞かれたら、3倍時間をかければ普通の人が3年で到達できるところ1年でいける!
そう単純に思ってしまったから。
良くも悪くも。笑
家には週に1回か2回、着替えを取りに帰る程度。
車中泊して、シャワーは漫画喫茶を使いました。
なぜ、そんな生活になってしまったのかと言うと、ほとんどの撮影の仕事が都内で、家に帰る時間がなくなってしまった。そんな理由です。
毎朝5時に起きて撮影したデータの編集を車でやって、明るいうちはキッズの撮影をして夕方からライブの撮影。
夜11時〜12時に撮影が終わって、ご飯を食べて漫画喫茶でシャワーをあびたら1時か2時。
車で3時間仮眠をして今度は朝からブライダル撮影。こんな毎日。
家に帰ったら、往復で1時間以上はかかってしまう。
車で寝よう・・・
こんな感じの生活を送っていました。
一番忙しかった、フリーになって3年目。
365日仕事で、1日も休まず、上に書いたようなスケジュール。
お正月も1月1日から仕事で、翌朝5時に始発の電車で家に帰ってきたのを覚えています。
ただ、もらえる仕事を断る勇気もなかったし、仕事が無くなる事が不安だったのかもしれません。
頭には500円玉より大きなストレス性の円形ハゲができ、大人のふりかけを頭にかけてごまかしていました。(ほんとです 笑)
その時は自分で決めた事なので、大変だとか、1ミリも思った事がありませんでしたが、今思うと結構ヤバい生活してたなーと思います。笑
大きな病気をしなかったのは奇跡に近いし、こどもや嫁ちゃんが一番頑張ってくれてたと思っています。本当に。

1号店を戸田市に決めた理由

こんな生活を続けること数年。
この頃には生活にかなり余裕ができてきました。
仕事が増える一方で、自分のスタジオを持ちたいと思うように。

家から近い場所で仕事をしよう・・・

ほとんど家に帰れず、休みもなく。
フリーカマラマンとしては、きっと成功していたんだとは思います。
カメラで食べている人なんて、音楽で食べるのと同じくらい難しいこと。
実際、カメラで食べられるのは1000人に1人の確率だそうです。
写真の学校の先生に言われましたが、未だに覚えています。
それができていた訳だから。
自分の撮った写真がCDや雑誌に使われる喜びもすごく大きかった。
でも・・・
それが本当に自分の幸せなのか。
僕は家族を幸せにするためにいる。
そう強く考えるようになり、家の近所で物件を探し始めたのがスタジオコボをオープンすることになるキッカケです。
家の近くなら、通勤に時間がそれほどかからずに続けていける!
家にも帰れる!と。笑
僕は川口市に住んでいますが、いとこが戸田市に住んでいて、まあ戸田なら近所だし、知り合いの不動産屋を紹介するよ!
と、言ってくれて。そこで紹介してもらった物件が戸田店のある今の場所なんです。
今は家族の時間を取り戻すべく、しっかり休みもとって充実しています。
まず、僕らが幸せであることが大切で、そうでなければ誰かの幸せを作ることなんてできない。
コボを作る前の期間があったから自信もついたし、あれはあれで必要だったのかもしれませんが・・・
そして今がある。
これから次の10年に向けて、自分と家族はもちろん、関わる人をもっともっと幸せにできるように頑張っていきたいです。
幸せな家族写真を残すこと。
こどもたちの笑顔を残すこと。
僕に与えられた使命なんだと思っています。
皆さん、これからもスタジオコボをよろしくお願いします!